MENU

メラニンの破壊へのフォーカス

かんぱんの状態を改善していくのであれば、全てを自力で行うのは流石に難しいものがあります。そんなことをしても効果的に解決がしないどころか、かえって途方に暮れてしまいます。

それよりはむしろ、専門の医師による治療を取り入れていく方が、かえって自分のためになるものです。ここでは、かんぱんの治療で心掛けておきたいポイントとして、メラニンの破壊に対してフォーカスを置いてみることについてお話します。

かんぱんはいわゆるシミの一種とも言われていますが、シミを治療することにし意識を向けていくことが何よりも大切になります。

そのためには、悪因になっているメラニンに対してどのように対処をしていくかという点についても、今一度頭に入れておく方が良いのです。

メラニンをそのままにしておけば、かんぱんが改善することがないですし、状況が更に悪化してしまいます。また、メラニンを作っている仕組みを見てみれば、実はメラノサイトと呼ばれている箇所があることにも気づきます。

このメラノサイトはメラニンの細胞が含まれているのですが、この部分を破壊してみるのもおすすめです。そのためには、レーザー治療を行ってみるとか、ケミカルピーリングの治療を受けてみると言った方法が有効になります。

もちろんですが、メラニンを治療するにあたっては、単に治療を行うだけでは不十分で、普段からビタミンの補給や紫外線のケアなど、基本的なケアについても確実に行っておく必要があります。


担当医師との相談

担当医師と相談をした上でかんぱん治療に臨んでいくことは、基本中の基本と言っても、決して過言ではありません。

これをきちんと行うことによって、更に結果が出ることになるし、何よりも正しくかんぱん治療と向き合っただけの甲斐があります。

また、医師に相談をするに際しても、頭に入れておかないといけない点があります。では、一体どんな点に注意すれば良いと言えるでしょうか。

最も大切なことは、担当医師に対して状況を正直に伝えることです。様々な要素の中でも、これが最も肝心であると言っても過言ではありません。

もし状況を素直に伝えることができれば、医師としてはそれだけ助かるものです。ヒアリングした内容をもとに、今後どのような方向で治療を進めていけば良いのか、明確になるからです。

かんぱんの治療を希望するとは言えども、人によって直面している状況そのものが全く異なるのです。また、今後治療を進めていく上で、手術そのものが大掛かりになるようなことだってあるかもしれません。

そうなると、更に深堀りをした上での診察を行っていくことになります。このようなプロセスはいかなる場合も必要になるのですが、早く結果を出したいからという理由だけで下手に焦ってしまうことになると、医師としても自分としても困ってしまうのは、無理がありません。

大切なことは何でもかんでも治療を行えばそれで良いと考えるのではなく、本当に自分に合った治療法で症状の改善と向き合っていくことなのです。


内服薬による治療

内服薬によるかんぱん治療を行うことは、治療によっては良くあるものです。

とくにかんぱんの要因が体の内部にあるという場合、この方法を活用してみるのが有効とも言われています。

しかも内服薬は便利ということから、比較的手軽に摂取してしまいがちです。ただし、いくら内服薬が便利とは言えども、この類の薬の根本的な活用用法を間違ってしまうと、かえって意味がなくなってしまうのです。

それならば、かんぱん治療に繋がる内服薬の治療について、根本的に大切なポイントを頭に入れておく方が有効です。では、一体どんな点を知っておけば良いでしょうか。

まず大切なことは、トラネキサム酸という成分について知識を深めておくことです。これは色素細胞が極端に活発になってしまうのを、前もって防ぐことができるものです。

また、かんぱんを発症させてしまう悪因にもなっているメラニンについても、上手く抑制してくれます。トラネキサム酸の他の効果としては、ビタミンCを併せて摂取することで、更に大きな効果が期待できるという点も挙げられます。

かんぱん用の内服薬にも色々な種類のものがあるのですが、その多くはトラネキサム酸が配合されています。

この成分が含有された薬を服用する際は、自分で判断しても問題ないのですが、できることなら医師に相談をした上で行った方が良いです。

その方が内服薬を確実に活用することができるし、後になって下手なトラブルを招くようなこともなくなります。


塗り薬による治療

一般的にかんぱん治療を行うとなると、内服薬を摂取すると言われています。もちろん、その方法も良いのですが、塗り薬を使ってみることもおすすめです。そうすることによって、治療における効果も更に大きくなると期待できます。

ここでは、かんぱんに効果的な塗り薬の特徴について見てみましょう。

この塗り薬はいわゆる外用薬なのですが、メラノサイトまでダイレクトに働きかけるという利点があります。肌には角層と呼ばれているバリアが存在するのですが、このバリアを薬の成分が通過できれば、かんぱん治療における効果が期待できるようになるのです。

角層は比較的厚くできているので、効き目の弱い薬では上手く通過することができません。こういう時に、ある程度効果の期待できる塗り薬が役割を果たしてくれているのです。

塗り薬にも色々な種類のものがありますが、中でもおすすめなのは、ハイドロキノンやトレチノインが配合されているものです。これらの成分は、一度かんぱんが発症したとしても、上手く取り除いてくれると言ったメリットがあります。

とりわけトレチノインは、様々な役割をマルチに果たしてくれます。例えばですが、皮膚に存在する角質の中でも、古くなったものをはがしてくれます。

同時に表皮にある細胞を分解し、皮膚そのものが再生するようなことも、トレチノインの大きな特徴であると言っても過言ではありません。ただし、この外用薬も刺激は強めになっているので、使用前に医師に相談する方が安心できるでしょう。



手術による治療

かんぱんの治療をする際に、手術による治療を行うこともあります。ここで言う治療法とは、いわゆるレーザー治療のことを言うのですが、かんぱんの治療に対しても有効であると言われています。

それならば、この方法についても、是非とも取り入れてみると良いでしょう。では、手術によるかんぱん治療の詳細について、ここでは見てみましょう。

レーザー治療を行う時に、多くの方が心配してしまうのが、角質細胞が破壊されてしまうことです。角質細胞そのものについては、細胞が正常に働くために必要ですし、何かあるたびに破壊されてしまうようでは、それこそ意味がありません。

そんなことをされてしまえば、せっかくのかんぱん治療の意味がなくなってしまいます。しかし、ここ最近のレーザー治療について見てみると、そんなに刺激は強くありません。

私たちにとって必要不可欠な角質細胞は、あくまでもそのままの状態でキープされます。メラニンの破壊は治療に必要なポイントになりますが、レーザー治療はこの点にフォーカスを置くようにしているのです。

では、レーザー治療を行うと、強い痛みを感じるのでしょうか。この痛みについてはあくまでも個人差があるのですが、多くの方が想像しているほど、そんなに痛くはありません。

もし肌の状態が敏感肌なのであれば、状況に応じて内服薬が投薬されることもあります。これによって、実際にレーザー治療を受けた際の刺激や痛みを上手く抑えることができるし、安心して手術を受けることができます。